2017年1月28日土曜日

ありがとうはどんな時に言う?

半年ぶりに大阪へ。今回は講演会の取材と写真撮影が目的(ライター兼カメラマンということ)。そこで聞いた講演から。

お題:あなたは、ありがとうという言葉をどのような時に発しますか?

  • 人からプレゼントをもらった時
  • 知らないことを教えてもらった時
  • 褒められた時
  • 欲しいものが手に入った時

など、自分が困っていてそれを助けてくれた時は必ずと言って良いほど、「ありがとう」という言葉を発する(のが自然だろう)。では、

  • 人から怒られた時
  • 人から駄目だしを食らった時
  • 批判された時

はどうだろうか? 「ありがとう」という言葉を果たして返すだろうか?

講演者は、大学生を前に時々こうした趣旨のことを問いかけるそうで、ほとんどの場合は、後者の場合に「ありがとう」という学生はほとんどいないとのこと。

でも、もしその時「ありがとう」と言えたら・・・人から怒られた時に「ありがとう、怒ってくれて。次はきっとうまくやるよ」と返すことができたら・・・批判も含めて、何かをしてくれたことに対して、素直に感謝の気持ちを持つ。それなりに歳をとった身として、この問いかけはとても納得ができる。

仕事で使うメールや会話の中で、特に英語では、ありがとう(Thank you, Thank you for なんとか)は頻繁に使われる。日本人同士だと、「お世話になっております」が良く使われるが、「ありがとう」は中々使われない。まあ、毎回のように「ありがとう」はしつこいと逆に反感を買うかもしれないが。それでも、「ありがとうございます」と言われて悪い気分になることは無い。その一言で始まることで、会話もスムーズになる気がする。

まだまだ器も小さい自分ではあるが、怒られた時(もちろんケースバイケースだが)に「ありがとう」という言葉が自然に出てくるような姿勢で常にいたいなと思う。


ところで、今回は「ヤザワコーポレーション どっちもクリップ 強力タイプ CLW-3」を手配。三脚&このクリップ&レフ板とすることで、助手なしカメラマンでもいい感じの写真を撮れる。


残念ながら今回は出番なしだったが、どこかでまた日の目を見ることはあるだろう。


2017年1月7日土曜日

2017年の抱負

定量的な目標いくつか並べてみる。

10 か所

47都道府県のうち、まだ訪れたことのないところが10県ある。秋田、岐阜、島根、鳥取、愛媛、徳島、高知、熊本、宮崎、鹿児島。四国・九州はなかなか行く機会がなかったのだが、今年はぜひとも訪れてみたい。

100 人 

毎年多くの方と仕事を一緒にさせてもらっているが、新たに100名の方々にお会いし、いっしょに仕事をしてみたい。100って少ないようにも思えるが、単に名刺交換だけで終わったりすることも多い。仕事したぞって思える人100名以上が目標である。

1,000 km 

年2回もフルマラソンの大会に出ていながら、ここ数年の走行距離はとても少ない。だから記録も伸びないのだが。。。最低でも年間1000kmは走りたい。

10,000歩

健康のため1日1万歩が良いそうだが(最近は異なる説も出ているが)、昨年は平均すると週1日は1万歩超えをしていたようだ。今年は週2日以上としたい。デスクワークが多いため、通勤で稼ぐことになるかな。

年初に知人から「夢を宣言しよう」というLINEメッセージをもらった。ふと考えた。こりゃいかんなと。


「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」(吉田松陰)