2009年2月27日金曜日

ライター人生

東京都心でも雪が舞った一日。昼過ぎからはその降りも激しくなった。そんな中、オンデマンド出版を手がける会社を訪問。2年前に知人を通じて知ったのだが、いつの間にか連絡も滞っていた。

最近のオンデマンド事情をうかがったところ、結構有名どころの出版社も入っているとのこと。こんなサイトを紹介していただいた。

booknest
http://www.booknest.jp/

書店で見る事の無い「msdn」や、ダイヤモンド社の有名雑誌「ハーバードビジネスレビュー」の論文もここで買う事ができる。今時、紙じゃねぇという声もあるが、論文のたぐいはやっぱり紙の方がありがたい。

話ついでに、IT系雑誌の事情も聞いたところ、ここ数年、多くの雑誌、特にIT系が消え去っている背景にはもちろん広告収入の激減が影響しているが、「書くネタがない」ということも大きな要因とのこと。確かに一時期の目に見えた技術の進歩、たとえば、コンソールがキャラクタベースからGUIになり、メインフレームがオープン系になり、なんでもかんでもウェブになり、そして、2000年以降の携帯電話の進化。雑誌記者にとってはネタはどこにでも転がっており、また読者もそのネタの解説を欲していた訳である。しかし、ここ数年はどうだろうか。新しい言葉は聞けど、その中身は「ああ、昔のあれね」で終わることもしばしば(でもそれは表面的なことで実は奥深いものはたくさんあるわけだが、どうも読者が求めていないような気がする)。また、今は読者自身が書き手にもなりうる時代で、せっかく書いた記事もウェブという世界の中に埋没してしまっている。なので、結局、目立たない記事と化し、広告収入も得られないというわけ。

それでも、1本数万円でも、みんな記事を書いています。「えらい!」「がんばれ!」

かくいう自分もその一人であるが、この時代だからこそ、ライターの真価が問われるのかもしれない。

2009年2月26日木曜日

サルバトーレ

昨日は、日経BP社様ほか書籍執筆者の方々と食事会で、サルバトーレクオモ白金台店へ。
執筆記念打ち上げと次の企画のお手伝いということでごちそうになりました。

http://www.salvatore.jp/restaurant/shirokanedai2.html

#白金と白金台は間違えそう

天王洲店では一度お店で食べたことはありましたが、ここはワインリストも充実しています。
一番のお勧めはDOCと”大山鶏もも肉のグリル ローズマリー風味のポテト添え”、あとは菜の花とあさりのパスタ。

2009年2月20日金曜日

一枚が二枚に


今日は、夕食を銀座で。といっても、有楽町からぶらぶらしていたらいつの間にか新橋まで来てしまい、お店を探すのも面倒になったので、銀座ナインの中で探す事に。こっち方面あまり来た事もなかったので、見当もつかなかったが、ここのところ肉が続いていたので、魚をと探していたら、「食事処うしお」というお店を発見。「銀鱈西京焼定食」をさっそく注文。カウンター15席ぐらいで、おばちゃんがひとりで切り盛りしている様子だった。どうやら、銀鱈はここの名物らしく、後から来るお客さんもみんな同じものと注文していた。

ご飯(ちょっと大盛り目)、小鉢、みそ汁がついて850円はとってもリーズナブル。次回はサバ焼きにチャレンジしてみよう。

魚ついでで、階段を上がると、そこには行列が約5m。しかも結構良い歳の男性ばかり。なんだろうと思って行列の先を見ると、たいやき屋の看板が目に入った。


そう、みんな、たいやきを買うために待っていたのである。どれほどのものと思い、自分もその行列に並ぶ。遠目に見ていていると、たいやきがなぜか立っている。「へぇ〜、2枚並べてふちの部分も焼いているんだ」と思いきや、どうも様子が違う。お店の人はその2枚をつかんでは箱に入れているのだが、そうなると一人10枚以上買っているような気配なのである。待つ事20分、ようやく順番が回って来て、なるほどと思った。そう、2枚が実は一匹なのである。それほど分厚い皮という事。写真を見ての通り、約3cmほどの厚さが有り、立つことができるたいやき。

でも口にすると以外にもその厚みが感じられない。ぱりぱりの外側、でも内側はそれほど弾力があるわけでなく、すぐに餡に達するため思いのほか、食べやすい。

なお、このお店、小たいやきなるものもあって、一口サイズでこれまた美味である。

大きいヤツは、1匹170円、小さいやつは6匹で350円なり。






2009年2月18日水曜日

東大の中にあるこじゃれたレストラン

友人が働く、東大駒場には、以前から話題になっていた、カジュアルフレンチのお店がある。駒場には毎月のように行っていたが、ようやく行く機会を得た。

Lever Son Verre(ルヴェ ソン ヴェール)
http://www.madoi-co.com/food/leversonverre/komaba.html

1階は、全部で50席ぐらいだろうか、巷のこじゃれたレストランという感じ。スタッフもよく教育されているようである。ランチメニューから、パスタを選択(写真忘れた!!)。あとは、パンとサラダ、コーヒーがついて1000円なり。友人は肉料理を選択。こちらも1000円なり。

2階はパーティスペースとのこと。

駒場にお住まいのご婦人方が時々いらっしゃるそうだが・・・確かに隣のテーブルはいかにもそれっぽい人ばかり・・・落ち着いて食事もできてよかった。

こういう場所はさすがに、○信大にはないなあ。

2009年2月14日土曜日

ipod touch を使い始めて

購入から5日。一日数時間は使うようになったipod touch。「故障か???」なんてこともあったので忘れる前にメモをしておこう。

現象その1:突然Wifiに接続できなくなる。設定画面には通常はアクセスポイントの一覧が表示されるのだが、全く表示されない。しかも、直接設定を試みるとNG
解決策:一度電源を完全に電源を切ってみる。そもそも、電源を切る術さえ知らなかったのだが、調べてみると、①左上のボタンを押し続ける、②画面に、「電源を切る」ためのスライダーが表示さえるので、それを動かす。で電源は切れる。再び電源を入れる事で、設定画面にアクセスポイントが表示される・・・

現象その2:カレンダーの同期。でも時間帯が・・・
解決策:iCalはGoogle Calendarと同期できる。このためのユーティリティソフト"Calaboration"がある。ただし、Mac専用。Google Calendar のアカウントを入力すれば簡単に同期設定をしてくれるもの。一度設定さえすれば、あとはiCal側で自動的に同期処理を行う。iCalに取り込んだCalendar情報は、iTunes を使ってtouchに取り込める。ただし、初めてのときは注意が必要。touchの時間帯がGMTになっている。変更手順は、設定→メール/連絡先/カレンダー→カレンダーの時間帯サポート で東京にする。


2009年2月12日木曜日

新年会

Hさんの帰国祝いも兼ねて、新年会を開催。
Hさん、ピースボートで世界一周、4ヶ月の旅をしてきたわけだが、道中のおもしろい話をいろいろ聞けた楽しかった。ビール、日本酒と一通りを終えたあとは、お土産のトルコのお酒。「YENI RAKI」と表示されているが、「ラク」というらしい。ブドウが原材料で「distilled grape...」と書いてあったので、蒸留酒のようだ。

色は透明なのだが、氷+水で割ると、真っ白になる(写真左下のコップがそれ)。香りは、う~ん、なんというか市販の芳香剤のようで、同じブドウを原料とするワインとも違い、そもそもお酒とは無縁の匂いであった。最初はかなり抵抗もあったが、慣れてくるにしたがって、クイクイ言ってしまう。

結構、へべれけ状態で帰宅・・・頭痛い。

2009年2月10日火曜日

年収と時間の関係

「年収500万円台と2000万円以上の人、スキマ時間の使い方に違い」(Business Media 誠、2月9日の記事から

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0902/09/news114.html


この調査によれば、2000万円以上の年収の人は、目標をもって仕事をしており、かつ時間の活用の仕方をかなり意識しているとのこと。確かに効率よく仕事をこなしていくことは大切なことではあります。いろいろとアンテナを張っておくといいってことなのかもしれません。

2009年2月9日月曜日

ソフマップ買取サービス

家人の帰国に伴い、古い自宅PCを処分することになった。当初は廃棄処分を考えていたが、まともにやったら7,000円以上かかることから、悩んでいたところ、ソフマップで買取サービスを発見。10,000円近くで引き取ってくれるらしい。

デスクトップなので持ち込みはちょっとたいへんだったが、結局は5,000円で引き取ってくれることになった。マニュアルが無い、付属CDがない、その他付属品がいろいろなかったためである。まあ、差し引き12,000のお得と考えてよしとしたい。あわせて、PSPも処分。こちらは、付属品もしっかりあって(ただし、箱がなかった)ので、9,000円に、ソフトとあわせて、13,000円となった。

すべてポイントにして、そのままお店に直行。ポイントはすべて、ipod touch に化けた次第。