2014年4月30日水曜日

真面目に矯正

以前、StretchPole という道具を教えてもらったことがある。ランを初めて、いよいよ本格的に練習をしようかという時に、正しいフォームにするためとか、体幹を鍛えるためとかいうことだったと記憶している。お試しをさせていただいたのだが、イマイチ自分にはしっくりいかず、すっかり忘れていた。まさか、今日、再びこの道具に出会うとは。

ここのところ続いた怪我の原因をきちんと理解し、根本的に治したいと思い、アスレチックトレーナーの門をたたいた。治療という意味では整形外科、鍼灸院に通うのが常識なのかもしれないが、それ以前に予防する方が重要なわけで、そもそも自分の筋肉がどうなっているのか、自分にあったトレーニングをしているのか、怪我をしにくい体はどうやって作ればいいのかを知りたかった。

一通りのインタビューの後に、痛みのある、左ふくらはぎ、右足の付け根、そして右肩をチェック。ランニングフォームもチェックしてもらったところ、やはりこれらの痛みをかばいながらということで、体のあちこちに歪が生じていることが判明した。例えば、右肩の場合、腕を前後すると違和感があるためか、肩の周りの筋肉が凝り固まっていて、腕を振るのでなく、肩を押し出す形で前進しているという指摘。結果どうなるかというと、上半身が少しねじれてしまう。正面から見ると明らか。

一方、下半身は昨年の湘南国際マラソンの時に痛めたことが原因で、腸腰筋、大腿直筋、外側広筋が凝り固まっているとの診断(ここまでくると筋肉の名前も怪しいが・・・)。ようは、腸腰筋が機能不全に陥っていてそれをかばうために大腿直筋がオーバーワークしたとのこと。さらにそれが左足のふくらはぎに飛び火し、肉離れになったということのようだ。なので、左右の足の筋力の差も歴然。ここまで違っていたんだということを実感した。

結局、右肩痛から始まり、バランスが悪い状態で無理なフォームで走り続けたことが下半身での怪我につながったということか。

さて問題はこれからで、まずは道具を使いつつ、凝り固まった筋肉をほぐしていきましょうということになった。そこで登場したのが、StretchPole。見た目は単なる筒で、この上を転がるだけ。ただ、痛めた場所は筋肉が固いので、ゴリゴリして半端なく痛い。右足の外側広筋の時の痛みときたら・・・ガマン、ガマン。

右肩のコリは、ソフトボールでグリグリと。。。

ということで約1時間の施術を完了。あとは、自宅で毎日やりましょうということになり、おすすめされた小道具がコレ!


商品:http://www.tptherapy.com/Shop-Online/All-TPPT-Products/The-GRID-Foam-Roller.html

この筒一本とエクササイズメニューでどこまで改善するか!

2014年4月20日日曜日

長野の風景〜2014年春

ちょうど満開でした。東京とは約2週間の違い。
まずは、ビックハット前。走る事の無い大会の受付会場前。Tシャツ取りに行ってきました。やや日差しが強かったものの風が冷たかったですね。
こちらは松代城趾の公園内。門をくぐるの中は桜、桜、桜・・・あちこちで歓声があがっていましたねえ。確かに奇麗でした。
公園内から北東方面。中学校のある方向です。う〜ん、まったく記憶にない景色。
再び、公園内。
もう一枚。
この日、20数年ぶりに高校時代の友人と再会。地元でがんばっています!4時から飲んだくれていました。ふと振り返ると、花火が。翌日のマラソン開催の合図でしょうかね・・・走れなかったけれど・・・
帰りは、新型車両E7系でした。来年開業の北陸新幹線用が先月から導入されたもの。先日、製造過程から納入までがテレビで紹介されていた(案内役が同姓同名の役者さんだったことを思い出しました)ので、こんなに早く乗れるとはラッキーでした。
始発ということもあって結構早めにホームに入線しており、乗客も少なかったので、さくっと写真を撮ってみました。まずは、グランクラス。このシートがたまらないとテレビでは言っていましたが、さすがに座るのはやめておきました。お客さん、1名だけでしたね。
こちらはグリーン車。黄色が眩しかったです。見ての通りで誰も乗っていません。
こちらが、普通車。赤と紺のシートです。シートピッチは60mm長いそうです。かなりの余裕。電源コンセントも列毎についています。

あとで時刻表を調べてみると、E7系は結構な本数が走っていることが判明。あまり使う機会はなさそうですが、次はグランクラスに乗ってみたいものです。