2013年2月16日土曜日

九州大学へ

一泊二日で九州は福岡へ行ってきた。今回のお仕事は情報系大学院に在籍する学生さんの取材。新しい講座を実際に受講した感想を聞いてみようという主旨のものである。

訪問先は九州大学伊都キャンパス。福岡空港から、地下鉄、JR、バスを乗り継ぐこと1時間ちょっと、遠い場所である。あちこちに分散していたキャンパスをまとめる目的で、2005年から移転が始まっているそうだ。

広大な敷地に、講義棟や実験棟、寮など大学関係の建物が立ち並ぶ。ただ、まわりにはお店らしいお店がほとんど見当たらない。最もにぎわっているのはおそらく、駅前か少し離れたショッピングモールなのだろう。ここで大学生活を過ごすのかと思うと、ちょっと考えてしまう(いや、勉学に勤しむ方にはもってこいの環境である)。




こちらが、情報科学系の研究室が入っているビルで、11Fまであったかな。なにせ入口がわかりにくく、何度かその前を行き来してしまった。ビル内も同じく迷わせる作り。エレベータを降りる階を間違えてしまい、出口を見つけるのに苦労してしまった。

この日は東京も朝方に雪が積もったようで、福岡も北風が強く、寒い一日であった。
これは、飛行機の中から見た調布、府中のあたり、真ん中に蛇行しているのが多摩川で府中競馬場もはっきりと見える。左に写っているのが横田基地かな。

普段、現役学生と話をする機会も少ないので(社会人学生はあるけれど)、どんな話が聞けるか楽しみだった。最近の学生はおとなしいと言われているが、今回に限れば、みなしっかり目標を持っており、かつ失敗を恐れずにいろいろなことをチャレンジしている。そう、失敗することは実は大切なことである。ただし、実際にそれをやるのは難しいことだと思う。教える側も教えられる側もやはり失敗は恐いはずだが、そこに果敢に挑んでいくところ、正直うらやましかった。以前、他の大学の先生も、大学にいるうちに多くの失敗をした学生ほど社会に出て成長すると言っていた。

この一ヶ月、こうした機会があと数回ある。次はどんな話が聞けるだろうか。



2013年2月11日月曜日

大分の食事処&温泉

まずは、安心院(あじむ)のすっぽんから。料亭やまさというお店ですっぽん鍋をいただきました。安心院は古くからすっぽんの名産地として全国に知られているところ(だそうです。今回初めて知った次第)。そのあたりは宇佐市のHPにも書かれています。

まずは老舗を感じさせる門構え。


今回いただいたのは、すっぽん鍋コース。先付けは、すっぽんの卵、エンペラ、肝。


そして、生血です。これは日本酒で割ってあります。いかにも「血」という赤い色。でも、味はさっぱり。


肝心の鍋の写真を撮るのを忘れてしまいました。しめは雑炊。すっぽんまるごといただきです。

お店の裏に養殖池がありました。ただ、今は冬眠中とのこと。まったくいる気配なしです。暖かくなると出てくるそうです。


次は夜の部。こちらは、大分市内の居酒屋さんです。地元の方が通う大衆酒場です。ここでは魚中心に大分の食をいただきました。

まずは、ふぐ。ひれ酒で乾杯。


ふぐはこれで一人前です。


大分と言えばやっぱり関あじ、関さばでしょう。こんな感じで出てきます。ぷりぷりの食感です。



ひらめもいただいちゃいました。


お頭部分はあとでお味噌汁にしていただくことができます。この後、土手鍋てんこもりの雑炊が出てきました。昼夜と雑炊三昧です。

おまけで温泉も紹介しましょう。別府といえば地獄めぐり。今回は、紺屋地獄と呼ばれる地区にある別府温泉保養ランドにおじゃましました。今にも壊れそうな建物が印象的でした。おすすめと言われなければ、立ち寄る事はなかったかもしれません。

ここは泥湯&混浴です。露天の泥湯は最高!この日は雪が舞っていたこともあって風情がありました。一つこの温泉で注意したいのは、男性用の滝湯というやつですね。うたせ湯のように、お湯が上から落ちてくる場所があるのですが、このお湯の熱さが半端じゃありません。正直、やけどします。やばいです。


そして、もう一カ所は別府海浜砂湯、いわゆる砂風呂です。こちらは残念ながら受付時間に間に合わず、写真のみ。ちょうど後片付けをしているところでした。浜辺の一画に作られたものです。