2014年5月19日月曜日

新緑の軽井沢

 軽井沢ハーフマラソンに参加。今年になって初めてのレースである。2月の赤羽は大雪で中止、先月は怪我につきDNS。リハビリ後でかつ久々のレース(11月以来)。しかし、快晴で気温も少し肌寒いぐらいの絶好のラン日和。

これまでは前日入りをしていたが、今回はいろいろ用事もあって当日朝入りとした。新幹線を1本間違える(結果的にはどうでもよかったのだが)など、ボケもかましたが、時間ギリギリに会場入り。チームメンバーに合流後、ゴール後の打ち上げ会場を確認して、スタートラインへ。
 日差しが徐々にきつくなってくる。雲もすっかり消えている。目の前の2人は海外からかな。かなり背が高い(どうでもいいか)。

今回の大会Tシャツはオレンジなので、ブルーはひと際目立つ(自分もチームメンバーもブルーだった)。

結果は、想定タイム5:30で走りきる事ができた。前半は5:10、後半は5:50前後。後半はもう少しがんばれたかもしれないが、トレーナーの言葉「気持ちよくゴールしましょう」を思い出して、自重した。
タイムをあまり意識しない分、余計なことを考えながら走っていた。たとえば、今回の軽井沢ハーフマラソンは約6,000人が参加したという(大会の公式アナウンス)。参加費は距離によって異なるが、1人5,000円として、約3,000万円。スポンサーもいるので、5,000万というところかな。実際のところはわからない。

では他の大会はというと、「市民マラソン開催による経済効果と今後の課題」というレポートが出ていた。このレポートの前半はお金の話が中心なのだが、後半を読むとランナー心理を押さえている考察がなかなか面白い。マラソン中級者の次のステップはトレイルランとか、女性ランナーを逃すなとか、首都圏のランナーは近場がお好きとか。また、大会は継続性が重要で、そのためには地元住民がいっしょに楽しめることが重要とも

そういえば、北軽井沢マラソン大会の募集が芳しくないようだ。今回、27回目という大会も、2010年を最後に5年間中止していた。一時は3,800名の参加者もあったが、今回は1,200名定員でまだ半分も集まっていないらしい。元々中止した理由も地元の声(ここは酪農中心で、当時は宮崎の口蹄疫問題を気にしていた)を反映しての事だったようで、やはり地元の支援がないと復活も厳しいのだろう。

2014年5月3日土曜日

Antiques Fair (骨董市)へ

ゴールデンウィーク後半、今日から3日間、平和島で骨董まつりが開催されている。

そんな趣味あった?と自分をよく知る人には言われそうだけど、正直に言えば「無い」に限りなく近い。旅行先でこの種のお店をたまにのぞく程度。

今回、訪れた理由は、いままでお世話になった方のお店があるから。最近、脱サラして、念願かなって開店(というか当面は出店かな)ということでお祝いも兼ねて行ってきた。


これが、脱サラした店のオヤジ、もとい店主の中村さん。屋号は「中村商店」。前職はドイツの四輪自動車のディーラーで営業を担当。四輪の自動車を初めて購入した時以来のお付き合い。昨年の自動車事故の時は、本当にお世話になった。

その中村さんから3月に突然電話がかかってきて、「私、やめるんです」といきなり切り出された。てっきり、他の自動車会社への転職かと思いきや、「骨董屋やります」の一言。何を血迷ったのかと思いつつも、お話を聞いていると、昔からの夢だったとのこと。自分の夢を実現、立派です!

2ヶ月振りの中村さん、アルゼンチン人?の雰囲気もバッチリ。商材だけでなく、ご自身も含めたトータルコーディネートかな?


さて、商品はというと、ブエノスアイレス中心に集めたもの各種。日常的に使う食器が多いかな。なぜ、南米?と聞いたら、スペインなど古くはヨーロッパの植民地だったことから、南米独自というより、古き良きヨーロッパの、しかも良い品物がそろうらしい。綺麗に手入れをすればまだまだ現役で十分使えるものばかり。このカップのセット、いいかんじです。


こちらは、ポットや花瓶などなど。


急遽出店を決めたこと、商材がまだ十分ではなかったとので、周囲に比べるとだいぶ狭いスペースだが、頑張れ「中村商店」! ざっと見る限り、アルゼンチンを前面に出しているお店はここしかない。1点でも多く売れるといいなあ。


せっかくなので、他のお店も見学。これは金屏風。結構、お高いもの。


よくある、食器系。セットものは思ったよりも高値がついていた。


これは古地図の山。奥に見える額の絵は、250万円という値札がついていた。東京で昔起きた水害の時の状況を描いたと解説いただいた。


何かよくわからないけれど、彫り物。


こういったガラクタ(といっては失礼か)もたくさん出品されている。でも、実はいいお値段。


刀の鍔。いろいろな形があるものだ。これを出品しているところは多かった。値段はピンキリ。


突然現れた金剛力士像。これを買う人がいるんだろうか? いるから出店しているんだろうけど。


置物、いろいろ。ここまで来るともうよくわからなくなってくる。


この種のポスターも骨董品であることに違いない。でも、自分の世代じゃないけれど、真ん中が宍戸錠ということだけは理解できた。


鉛筆のセットなどの文房具類。実家の戻るとまだあるんじゃないかというものがちらほら。



ここは、ダンヒルを専門で扱っているお店。主に出品されていたのは万年筆などの筆記具。インクを入れるツボとか面白いものもあった。


最後に見たものはというと。チラシの山。すべて骨董品を扱うイベントのパンフレットで、ほとんどが東京もしくは近隣で行われるもの。


会場内は海外から来た人も思ったよりもいた。特に、中国の人たち、まあよくあることだが、買い方がすごい。まとめ買い、値引き交渉、お店の人も大変だろうなあ。